ご挨拶

くぼじまクリニックは昭和60年6月の開業以来、人工透析の専門施設として、くぼじまグループ5施設の中心的役割を担い、地域医療に取り組んでまいりました。
現在では一般外来の施設としての役割も果たしております。患者様の権利を尊重し、こころの通ったよりよい医療サービスを提供するため、医師、看護師、スタッフの充実にも尽力しております。
施設や設備はもちろんですが、患者様と医師、スタッフの信頼関係が医療において最も不可欠の要素です。
日ごろから互いに尊重し合い接していくことが重要であると考えております。すべての人々が思いやりの心を持ち、健康で豊かな社会が広がること。それが私たちの願いです。

院長略歴


理事長 院長 大島 譲二

昭和54年 3月 金沢医科大学卒業
昭和54年 6月 東京大学付属病院研修医
昭和56年 6月 東京大学付属病院老人科
昭和57年 6月 東京警察病院
昭和58年 6月 東京大学付属病院老人科
昭和58年 6月 都立老人研究所
昭和59年 6月 東京大学付属病院老人科
昭和60年 6月 久保島診療所開設

基本理念

患者様を尊重し、更に信頼される医療の提供を目指します。
● 保健・福祉との連携を図り、地域社会に貢献します。
● 日々研鑽を怠らず、積極的に取り組みます。

運営方針

透析医療を中心に高度な専門医療を提供します。
● 高い技術と、おおらかな人間性を併せ持つ医療人の育成に努めます。
● 常に医療の質を省みて、経営の健全化に努めます。

クリニックの変遷

昭和60年6月 久保島診療所(内科外来)開設
昭和61年5月 病棟新設(19床)
昭和61年5月 透析(12床)治療開始
平成元年9月 透析室増床(42床へ)
平成7年12月 一般外来2Fへ移設・透析室増床(65床へ)
平成14年1月 透析室増床(80床へ)
平成14年8月 個人より医療法人に変更
平成17年10月 おおしまクリニック(深谷市上柴町)開設
平成18年5月 くまがやクリニック(熊谷市大原)開設
平成18年11月 医療法人くぼじまクリニックへ名称変更
平成19年10月 かみのクリニック(熊谷市上之)開設
平成24年8月 こくさいじクリニック(深谷市国済寺)開設

施設の概要

1Fは待合ロビー、専用休憩室及び更衣室、透析室(76床)、相談室となっております。
2Fは外来棟(診察室5室、内視鏡室、処置室、放射線室)と病棟(6人部屋2室、特別室3室、ICU)からなり、ゆったりとした外来待合室とナースステーションがございます。また、内シャント設置術ができる手術室(クリーンルーム)も完備しており、放射線室では経皮的シャント拡張術・血栓除去術も行っています。

医療設備

  • マルチスライスヘリカルCT
  • X線 TVシステム
  • X線 一般透視撮影装置
  • 超音波診断装置
  • 超音波診断装置の診察の様子
  • ICU集中治療室
  • デジタルX線画像診断システム
  • 人工呼吸器 LTV
  • 内視鏡洗浄用消毒装置